2月2017

宅内LAN配線

宅内にLAN配線を敷いたのその手順をメモ。

家を建てた際に配線設備の「まとめてねット ギガ」を付けて、 何部屋かにCD管を配線してもらったので、

その際の配線方法の記録です。

 

■まとめてねット ギガ とは?

http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/haisen/internet/product/matometenetgiga.html

各弊社内へのTEL回線をまとめたり、LAN配線をまとめる盤。LANはハブが付いている。

 

■CD管 とは?

LAN配線用に各部屋に管を通してもらいました。

↓のリンクのような管です。

今回、この管を通して、各弊社にLANケーブルを配線しました。

http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/haikan/conduit/synthetic_resin_flexible_conduit/cd.html

 

■LANケーブルの配線

電気屋さんで不通にLANケーブルを買うとコネクタ付きのになりますので、コネクタを自分でつける

タイプのケーブルを購入しました。

 

 

 

このケーブルをCD管を通して部屋まで通し、ケーブルの先端にコネクタを付けるため加工します。

 

 

 

LANケーブルの被覆をはいぎます。ヨリ線ですが、なるべくまっすぐに線を戻します。

※ノイズ対策的には本当はクネクネのほうが良いらしいのですが、配線がしずらいので・・・

 

 

コネクタに接続します。配線する箇所は以下のURLの画像で分かる通り、線をつなぐ場所に

色が書いてあって分かるようになっています。

https://www.sanwa.co.jp/product/syohin_photo.asp?code=LA-FP-MJ6&number=2

 

 

 

最後にコンセントに戻せば完了です。

 

 

まとめてネットギガ側のLANケーブルもコネクタを付けます。

配線は以下のURLを参考。今回使用したLANケーブルではB配線になります。

https://www.sanwa.co.jp/lan/cate6how.html