Windows7のMTU設定変更

Windows7だとMTUの自動調整機能とやらが動作し、パケットの断片化、エラーが大きることがあるらしい。

MTUを固定して指定する手順をメモしておく。

コマンドプロンプトで以下のコマンドを発行。

 

NICの確認

netsh interface ipv4 show interface

Idx     Met         MTU          状態                 名前
---  ----------  ----------  ------------  ---------------------------
  1          50  4294967295  connected     Loopback Pseudo-Interface 1
 13          10        1300  connected     ローカル エリア接続
 19          30        1500  disconnected  ローカル エリア接続 2

 

使用してるNICのIdxとMTUを指定

netsh interface ipv4 set interface 13 mtu=1300

 

設定完了。1300は小さすぎるかもしれないがとりあえず設定できた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントフィード

トラックバックURL: https://blog.hirotaka.jp/2013/10/windows7%e3%81%aemtu%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e5%a4%89%e6%9b%b4/trackback/