1月2011

SubVersionの構築

ソース管理としてSubversionをCentOS5.5にインストールしたので
その時の手順を以下に記載します。
Subversionにはapache経由でhttp,httpsで接続する方法と
subversionにもともとあるsvnserve経由で接続する方法があるが、
今回は簡単なsvnserve経由での構築を行った。

1.subversionのインストール
 yum -y install subversion

2.subversionのリポジトリ(データの保存先)を作成
 svnadmin create /var/subversion
  ※企業などでは通常リポジトリ用のルートディレクトリを作成後、その中に
   案件ごとにリポジトリを分けます。
   自宅では複数のリポジトリは不要なので1つだけ作成しました。

3.設定ファイルの編集
 vi /var/subversion/conf/svnserve.conf
 以下の三行に変更
  anon-access = none
  auth-access = write
  password-db = passwd
 ※パスワードでの認証は必須で、パスワード認証をしないと
  読み込みも書き込みもできない。

4.パスワードファイルの編集
 vi /var/subversion/conf/passwd
 最終行に以下のようにユーザーを追加
 hiro = hogepass

5.xinetdのインストール
 CentOS5.5のデフォルトのオプションだとxinetdがインストールされないため、
 yumでインストールしておく。

 yum -y install xinetd

6.自動起動に設定。inet経由で起動させる。
 サービスの登録を行う。
 vi /etc/services
 下記2行が記述されているか確認。もしなければ追記する。
 svn 3690/tcp # Subversion
 svn 3690/udp # Subversion

7.起動ファイルの作成
 vi /etc/xinetd.d/svn
 以下のように記述する。

 service svn
{
disable = no
socket_type = stream
protocol = tcp
wait = no
user = root
server = /usr/bin/svnserve
server_args = -i -r /home/subversion
}

8.自動起動するようにサービス設定
 /sbin/chkconfig –add svn

9.xinetを起動
 /etc/rc.d/init.d/xinetd start

その後OSを再起動して正常にsubversionに接続できればOK!!!
完了~~~